CROSS

賢竜杯†公式ブログ

2009年12月31日

全ての想いがCROSSする

はい、こんばんは。いつものFITZです。
一応、賢竜杯†では「企画・人事統括」ということで、内部方面の仕切りを担当しているということになってます。
もっとも、こないだまでメキシコ仕込みのインフルにうなされておりました。きっと本戦は大丈夫。ていうか、そんなネタ振りやめてよ、巫女の人(笑)。

さて。
今回は例年以上にヤキモキさせてしまって、本当に申し訳なく思います。
そもそも毎年「今回が最後」というつもりでやってまして。そりゃ規模は大きくなる一方で、中の人たちも確実に「歳」は重ねるわけで。賢竜始まった頃は20代の寂しいただのヲタが、いまや30代の所帯持ちだったりするわけですから、まぁお察し下され的な状況の中、限られた時間を精一杯充てていても、なかなか追いつかないのが現状でございます。

それでも、そこに期待して下さる人がいる以上は、与えられた環境の中でベストを尽くす。それが賢竜スタッフの凄みだと思っているわけですが。なんとか今回も会場が確保できまして。東京レジャーランド秋葉原店・2号店様には足を向けて寝られないわけです。みんな、近くまで行ったら遊んでいってね!

そうはいっても、近年はそういう環境もままならなくなってきました。私は、ゲームは作り手が、環境は遊び手が創っていく物だと思っているので、ゲームがつまらなくてもユーザーがそれを超える面白い遊び方を生み出せば良いと思っているし、逆にユーザーが心底つまらない、と思ってきたらそれは環境にも現れて、ゲームの温度が変わると思ってます。

今回のQMAは色々な意味で冒険でした。それに呼応するように、賢竜もまた色々な冒険をしてきたような気がします。次回作の話もありますが、もし皆様が今後も遊ばれるならば、ぜひより良い環境を持てるよう、一つ広がりのある遊びを楽しんでもらえたらと想っています。そうして、様々な環境がまた恵まれてくるようであれば、自然と、次の声も担い手も、現れてくるのかもしれません。もちろん、そもそもの作り手に頑張ってもらうのは言うまでもないのですが。…まぁ、そんなことを考えつつ、最後の追い込みをしています。

何がそこまで駆り立てるのか。
それは言うなれば竜の炎なのかもしれません。その光は時に強すぎて畏れを呼び、あるいはその煙は人を惑わし見失わせ、そしてその熱は狂気に満ちているかもしれない。それを「対岸の火事」と眺めるのも悪くはありませんが、ぜひ一度、身も心も焦がれるまで焼き尽くされる。そんな空間に身を寄せて見て下さい。そこで初めて感じられるものが、確かにあるはずです。畏れは尊厳に、惑いは誇りに、そして狂気は歓喜に。

私達が何故竜に魅せられるのか。それは、LIVEという「生」に触れて初めて得られる感覚が、きっとあったからだろうと。そしてそこから生まれつながる「絆」それこそが、賢竜の持つもう一つの顔、「交流」であると思うのです。
その想いが熱ければ熱いほど、また「盃」の一杯は、本当に何物にも代え難い味として、人生に刻みを残すでしょう。

高らかな雄叫びを放つ者。心からの涙を流す者。恍惚と悔恨の狭間に巡る、歓声と悲嘆と。
私は5年前、その一端をお伝えしたく「賢竜杯LIVE!」を行いました。
今年は様々な感情が渦巻く試合会場はもちろん、それを映し出すパブリック・ビューイング会場もご用意しています。その年に1度の竜のLIVEへ、皆様ぜひお越し下さい。そして、選手の皆様と共に、「そのひととき」の思いを感じて下さいましたら、幸いです。

2010年、全ての想いが「CROSS」します。


皆様にとって、その2010年が素晴らしき1年になりますよう。
また竜の舞台でお目にかかりましょう。
その日までどうか皆様へ。
勇気と、幸運を。

FITZ 拝
posted by DPXスタッフ at 01:15| DPX人事部

2009年12月28日

クリスマス終了のお知らせ


「皆さーん、元気ですかー!!」
「それでは早速、いってみよ〜!!」
「ハイ!」
「1・2・3・ナース!!!」

はーい、みこなーすです〜♪(ニガ


1.自己紹介
●QMA
1…白銀。武器:学問連想、タイプ速度(タイポ含むw)
2…大賢者(この辺からあまりやらなくなってきてました)
3…賢者
4…上級(けん☆すたルールに抵触OTL)
5…白銀(1ヶ月で上級から白銀にした記憶が…)
6…白銀(スタートダッシュのみOTL)
●賢竜杯
1…選手
2…スタッフ(本部)
3…スタッフ(総務経理T)
4…スタッフ(警備T)
5…スタッフ(総務)
6…スタッフ(総務)


2.クリスマスが終わって
クリスマス、終わりましたねー!
どうでした?皆さん?楽しかったですかー?
「おっかサンタのメリクリくりすます」、楽しんで頂けましたでしょうか♪

ブログも、きっと楽しい文章で私に廻ってきたことと思います♪
(プレッシャーかけるなw)

さてさて、クリスマス。
QMA1の頃から私がやっていたコトといえば。
予選1回戦のタイピング問題で全問チャット回答をしたことでしょうか(←

「しんぐるべーーる」「SINGLBEL」
「シングルベーール」「SINGLBEL」
「かっなーしいなー」「VERYYSAD」
「こんやもひとりで」「KONYA1RI」
「マジアカーサーー」「QMAAAAAA」
「HEYYYYYY」「へいっっっっっっ」
(右は他言語キーボードの場合に用意してた回答)

JINGLE BELL(ソリの鐘)じゃないです。
SINGLE BELL(独りの鐘)ですw
他の方々のレスで、
「カネナリマクリー」
やら、
「オレモヒトリダー」
などとボケチャ回答を頂いていた頃が懐かしいですw
6問全部捨ててまで、こんなコトやってた気がしますOTL

今年はどうしたかって?
…スミマセン、今年は実家に不幸があったので厳かに過ごしました(ニガ
決して、仏式クリスマス法要をしたワケではないですよ?(←
サンタ菩薩供養に噴いた、みこなーすですwww


3.年の瀬を迎えて
さあ、残すところ、年の瀬を迎えるだけでしょうか。
やっぱりQMA1から毎年欠かさずにやっていること。
「2年越しQMA」
5分前の時報からカード挿入。
問題は即流し。
予選1回戦が始まる頃に新年を迎えて。
予選1回戦のセットでタイピングが出たら。

「あけおめことよろ」or「AKEOME46」

コレ最強。

年の瀬はQMAで締め括り、新年もQMAで迎えましょう♪


4.も〜い〜くつ寝〜る〜と〜〜♪賢〜竜〜杯〜♪
そして、新年明けて1週間もすれば賢竜杯が行われます!

賢竜杯 賢竜いか
賢竜杯II 賢竜とれいりあ
賢竜杯FINAL 賢竜たっくん
賢竜杯〜祭〜 賢竜かるみん
賢竜杯〜翔〜 賢竜レキ
賢竜杯CROSS 賢竜??????

これまでの賢竜、CNが2文字〜5文字で来ていますね。
次の賢竜は何文字なのでしょうか?w

??????に入るのはこれを見ているアナタかも知れません。
アナタが知っている方かもしれません。

CNが1文字と3文字、6文字の方。
ぜひ頑張ってください!

さあ皆さん!
ぜひぜひ、賢竜杯にお越しくださいませ♪
PV(パブリックビューイング)もご用意しております。
これまで会場が狭くて心ゆくまで観戦できなかった皆さん!

PVでゆっくりしていってね!!!


5.閑話休題
ちなみに。世間ではインフルエンザが流行っているようでして。
会場は締め切った空間ですので、集団感染(クラスター)など出ないよう、また自分も持ち込まないように気をつけましょう。

みこなーす中学時代の数学のセンセ曰く、
「家に帰って毎日うがいを続けていたら教師になるまでずっとカゼ引いたことがなかった。」
「ある日うがいをやめた日があって、その日、十数年ぶりに風邪を引いた」
…と言っていました。

うがい、手洗い、大事です。
気をつけましょう♪

余談ですが、流行に敏感なみこなーすは9月にメキシコに行ってきましたw
インフルエンザの現地調達には失敗しましたが(←
カリブ海がキレイでした♪

…ウチのスタッフでも流行に敏感なスタッフさんがいらっしゃるようですので、この辺で次のバトンに廻したいと思います(ぉ
流行に敏感なだけではなく、幸せも持ってきて頂けるのでしょうか!?

それでは、去年に引き続き、私からバトンを受け継いで下さるのはアノお方。
どんなブログがUPされるのでしょうか!?
待て、続報www


6.最後に
さて、それでは使い古してはおりますがお約束のコトバでシメたいと思います。
ご唱和の程、お願いしますねw

「最後にもいっちょー、ハイ!」
「巫女みこナース!」


ありがとうございました〜♪
posted by DPXスタッフ at 21:36| DPX総務部

2009年12月25日

Merry C*******s


みなさまめるくりうすー。
Cで始まりsで終わる今日、いかがお過ごしでしょうか。
公式ブログも大詰めの感?の、こんな順目でのご挨拶となりました。
総務所属のくらまでございます。

賢竜杯II・FINAL・祭とお手伝いをさせて頂き、今回久しぶりにお手伝いをさせて頂いております。
ところがまぁ、なんということでしょう。。(そう使うの?
お休みの間にすっかり勘が鈍ってしまったのかさっぱりお役に立てておらず滝汗ばかりの日々でございます。
総務統括にも「あのバキバキ働いてたおっかさんはどこ行っちゃったの!? 返して(`皿´)」と嘆かれましたorz

それでも、各地の予選のお話や、エントリーされる方の意気込みに触れておりますと、
「ああ、この熱さが賢竜だなぁ」と改めて感じる次第です。
そのちょっと怖いぐらいの熱さを「よっしゃ来い!」と思えるようになる瞬間が、
スタッフをしていて一番グッとくる瞬間ですね。
大会当日で言うと、参加者の方々が受付を待っていらして、
こちらの準備も整って、受付を始める瞬間、でしょうか。
皆様も機会がありましたらぜひ体感してみて下さい。ハマりますよぅ(本当?

さて、C*******sから1週間で年越しとなりまして、
その年越しから1週間で…いよいよCROSSもクライマックス、本戦です。
皆様にお会いできることを楽しみにしております。
posted by DPXスタッフ at 06:00| DPX総務部

2009年12月21日

移りゆく時間


こんにちは、はじめまして、かな?
CESC(セスク)と申します。
QMA6では「ばいたいカ@クララ」でやっております。

賢竜杯との関わりは今回で5回目。
2005年5月に「賢竜杯II」が行われていますので、あれから4年半の月日が経過しています。
当初は大学生だった私も、現在は立派な(?)社会人です。
最寄駅は東へ一駅だけずれました。

サッカーに詳しい方ならご存じだとは思いますが、
当時は単なる若手の一人に過ぎなかった、自分のCNの元ネタである
CESCという選手も、今や「世界最高の選手の一人」なんて言われています。
そんな名前のCNは、誇らしいやら気恥ずかしいやら。
4年半という月日が経つと色々と変わりますね。

さて、自分は現在、総務チームの一兵隊として
アマリンスさんやくらまさんの下で作業をしています。
当日は受付やくじ引きの時にお会いできると思います。

今回で6回目となる賢竜杯ですが、
6回連続で出場の方もいれば、今回が初出場という方もいらっしゃると思います。
「大会慣れ」をしている人が有利なのは間違いないとは思いますが、
本戦初出場の方がいきなり優勝してしまう可能性だって大いにあります。

全国津々浦々から128人の賢者が集まって、勝者は1人だけですが、
「楽しんだもの勝ち!」ってことは皆さんに言えることと思います。
全ての方々にとって「良い大会だった」と思っていただけるよう、
残りの日にちを頑張りらせてもらいます。

前日、そして当日にお会いできるのを楽しみにしています!!
posted by DPXスタッフ at 20:34| DPX総務部

2009年12月17日

CROSSとは何ぞや


皆様、はじめましての方ははじめまして。そうではない方はこん○○は。
名古屋から岐阜で熊していることのはと申します。今回は東海地区のサテライト
のお仕事をしております。


賢竜杯地方予選は12/6の広島予選をもちまして全日程終了致しました。大会参加者、大会観戦者、店舗大会を行わせていただいた店舗の方々。誠に有難うございました。


今回のサブタイトルは【CROSS】

つまり交わる。意味は人それぞれでしょう。

・大会内の対戦で拳を交える。
・各地域の垣根を越えて交える。
・参加者、スタッフ、観戦者の方々と交(流)える。
・大会後の打ち上げで交(流)える。


そして参加者、スタッフ、観戦者など大会に関わっている皆様の思いがCROSSする・・・。




では当日、2010年1月10日 
皆様の思いがCROSSする秋葉原でお会いしましょう。
posted by DPXスタッフ at 22:01| DPXサテライトスタッフ

2009年12月13日

CROSSのひろいもの


こちらでははじめまして。関西で色々やっているエレファリス@ユリと申します。
知り合いからは主にエレと呼ばれてます。たまにエロと呼ばれますが間違いなんで絶対呼ばないように。絶対だかんね!


初めて賢竜に関わったのはQMA4の祭で、その時は関西の予選の切り盛りや、当日の警備みたいなものをやってました。翔は全く絡めなかったのですが、今回は前日からがっつり絡むことになりました。どこかの予選会場にいますが、決して石投げないでください。


さて、長かった予選も残すは前日予選だけになりました。最後まで諦めずに頑張った人に結果はついてくるんで、一問一問大切にしてください。


最後にタイトル絡みで一言

早見沙織はあれでまだ高校生なんだぜ
posted by DPXスタッフ at 19:58| DPX運営部

2009年12月09日

四角い会場で待ってるよ


当初、タイトルを「テンプレ・・・」とかにしようとしたら、
嫁に耳を掴まれて200m程引き摺られたうえに、尻百叩きをくらった
HF@技術統括です。こんにちは。さっぱり意味がわかりませんが
別にどうでもいいです。

さて、私は賢竜杯には第1回から携わっています。1回目は参加者(選手)
として出場したのですが、2回目以降はスタッフ(技術専門職)として、
大会のインフラ整備を中心にやらせていただいています。
昔はビジュアルも兼任だったんだ。2回目と3回目のエンディングも
作った事があるんだ。今考えると信じられないよね。

2回目(賢竜杯II)は確かゲームシティ国分寺南店さんで、128名で大会を
実施。ずっと大会データの出力を中心に回していました。フィッツさんが
結果のブログアップをしていた時代です。懐かしいです。

3回目(賢竜杯FINAL)では、スコアの速報アップを中心に。この時の
出来事がきっかけでQMA大会速報システム「Qacers」が誕生する事に
なりました。この時は、シティーズカフェ相模原店さんで総勢218名の
参加で開催でした。会場も広かったのですが、1つの会場の広さとしては
後にも先にもあれが最大でしょう。

4回目(賢竜杯07〜祭〜)。自分にとってのドラマが始まりました。
大会のデータをいち早く届けるにはどうしたらいいか。この答えを出す
ために賢竜杯のスタッフとなったといっても過言ではありません。
FINALで大コケをした技術部門の自分。しかし、DRAGON Projectが自分を
再びスタッフへと召還しました。この意味を考えつつ、日々のインフラ
とツールの開発に力を注ぎ、生まれたのが大会速報システム「Qacers_D」
でした。大会の結果を多くの人が見に来てくれた。賢竜杯スタッフを
やっていてよかったと思った時でした。

5回目(賢竜杯V〜翔〜)でも技術スタッフとして大会のインフラを支えて
きました。いろいろとありましたが、最大規模の地方予選(50箇所以上!)と
2000人余りの参加者、前日予選と本戦で2日間2会場の大会が開催されました。

そして、今回で6回目を迎えます。前回急遽企画を決行したVPNによる
PV(パブリックビューイング)。今年もやります。そのために機材選定から
検証を重ねています。まだ会場がどこになるかは、お話出来ませんが、
秋葉原から15分程度の所です。是非見に来てください。


「賢竜杯」の、QMA最高の大会を目指すというコンセプトは変わっていません。
今回も最高の大会を目指します。選手やスタッフはもちろん、地方予選に
参加された方、見学に来られる方(残念ながら今回は本戦会場での生の見学は
難しそうです。)アフターの宴に参加される方、地元で闘いの様子を見守られる
方、いろいろな人と手を取り合って大会を成功させたいと思います。
posted by DPXスタッフ at 23:11| DPX技術部

2009年12月06日

まあ、見てみよう、そうすれば、分かるだろう


どうもはじめまして。愛媛予選担当、松山でプレイしておりますNTと申します。
まずはスタッフになったいきさつを書いてみようと思います。

去年の賢竜杯V-翔-では追加予選として愛媛大会が開催されました。
当時愛媛では定期的に大会を開催している店舗はなく、初めての大会が賢竜杯予選という状況で色々な方に手伝って頂き、また迷惑をかけましたが無事に終えました。
「賢竜杯予選だけで終わらせずにこれをチャンスに定期的に開催を続け、また賢竜杯が開催される際には追加ではなく、正規の大会になるように努力しよう」と心に決めました。
定期的に店舗大会が行われるようになり、8月にはリンクにある紫星杯の予選も行われました。
紫星杯予選と平行して今年も賢竜杯及び予選開催が決定され、愛媛で予選を行いたいと賢竜杯スタッフから連絡があり、正規の予選開催が決定し店側と交渉、ルール策定等をしている間に公式ページにてスタッフ募集を見て応募し、面談の後正式に採用されて今に至ります。

プレイヤーとしては賢竜杯07-祭-、賢竜杯V-翔-と地方予選及び最終予選に参加しました。結局どちらも本戦出場は叶わなかったものの、本戦を観戦し、賢竜杯V-翔-の準決勝以降の会場に集まった大観衆が静まり返ったなかでのある種異常な緊迫感、緊張感、賢竜が決まった時の大歓声、そしてフィナーレでの感動は今でもはっきりと覚えています。
そうした熱気や感動を少しでも感じて頂ければと思います。

この原稿を書いている時点では広島予選、前日予選、本戦を残すのみとなってます。

出場をかけて最後の勝負に臨もうとしている人、本戦での飛躍、賢竜の座を狙う人等想いは様々あろうかと思いますが、参加者の皆様の健闘を心よりお祈り致しております。
posted by DPXスタッフ at 08:29| DPXサテライトスタッフ

2009年12月02日

a reason for life

統括ブログでもちょこちょこお邪魔しておりますが
あらためまして、アマリンスと申します。
そもそも、普通のQMA大会に総務という役職はほぼないわけで
まずはそこからお話してみようと思います。

立ち位置的には、「バレーボールのリベロ」みたいなものかな、と思っています。
得点をあげることは基本的になく、ひたすら失点を防ぐこと。
手の足りない埋め切れないところに回って守ること。

具体的には…
・ここを含めたブログの管理(参加者リレーにご協力ありがとうございます)
・印刷物(名札・しおりなど)の準備
・打ち上げ「賢竜盃C○○○S」の手配
・本番会場では、受付・書類管理・会場整理など

自虐的な言い方をすれば、いなくても大会はできるけど
そこを押さえていると助かるところ全てが総務の範疇、ですね。


かれこれ賢竜杯にかかわって5度目になりますが
おかげさまで毎回たくさんの方に興味をもっていただき
そして会場に足を運んでいただけることを、素直にうれしく思います。

すなわちそれは、回を重ねるごとに
参加者の期待値が増すことでもあり、決して楽なことではありません。
「大変だね」とメッセージをいただくことも(ありがとうございます)あれば
「どうしてそんなことやってるの?」と訝しがられることも。


会場の気圧されんばかりの熱気の渦に飲み込まれながら
ただ、この場を目指すプレイヤー全てを心からもてなしたい、それだけ。
それは、QMAプレイヤーとしてという枠をもはや超えて
ひとりの人間形成としてもまた、大きな経験だと捉えています。

QMAを通しての出会いは、敵だったかもしれません
しかし、オンラインでつながった全国の仲間が、友が、ライバルが
大きな絆となって、一堂に会することができる。
人間の本質として、こんなに喜ばしいことはそうそうありません。
そんなみなさんの笑顔が見たくて、私はここまで続けてきました。


堅いお話はここまでにして、エールのようなものを。


嘘も真実も 全て自分の中にある
透明な道標浮かぶよ 君だけの心に
暗闇の向こうに 一筋の光を信じて
きらめく夢 掴むために進むの
勇気と言う 翼をつけて
走れ後ろは 振り向かないで
やめられない あきらめるだなんて
どんな相手でも 怯まないで
立ちはだかる壁 見上げるより
踏み出したその一歩から 風向きが変わる
ゆれてる決意 定められなくても
なりふり構っちゃいられない 正面突破で行こう

今週の広島予選、並びに前日予選・本戦の受付でお会いできますこと
楽しみにしております。
posted by DPXスタッフ at 07:59| DPX総務部

2009年11月26日

賢竜に抗え。挑め、戦え、立ち向かえ。


( 0w0)ノ ウェーイ!
タイトルの出典が分かる方はお会いした時に延々語りましょう。
こんにちはこんばんは、はじめましての方ははじめまして。レナ@ルキアです。
今回も昨年、一昨年と引き続き石川・富山の方の予選のサテライトスタッフをさせていただくことになりました。

QMAは3からの参戦で、シリーズを重ねるごとにクレ数が減少していってるような気がします(´・ω・)
一時期本当にご迷惑をおかけしました。大変申し訳ありませんでした。
元ネタは言うまでもなく「ひぐらしのなく頃に」の竜宮レナ。それに関してはQMA以上の廃人です。
武器についてはご存知のとおり全シリーズ通して「アニメ・特撮」だけを信じてやっています。特に後者を愛するせいで年齢詐称の疑い。まだ25にもなってませんよ?もし決勝でスポタイを使っている姿を見かけた時は「必死に宝石の色偽装しようとしてますねニヤニヤ」とでも思ってやってください。

賢竜杯との出会いは3の時のFINAL。(どこがFINALだったと小一時間(ry)
当時賢者四段で補欠登録してたら五段になっちゃって参加。ということに。
以降は全部サテライトスタッフとして活動しております。
参加者として出たいですが実力がヘタレなもので。去年も今年も藤江予選頑張ったんですけどね(´・ω・)

そんなわけで賢竜杯†予選、北陸方面は残すところあと1会場。
「レジャーランド呉羽」です。
日程はオンライン上でも店名で公開してますがいい肉の日こと11月29日。
昨年の呉羽予選は大勢の方にお越し頂き、前日予選等を除けば全予選で最多参加者となりました。
今年も多くの方のご参加をお待ちいたしております。
店舗さんの協力態勢も万全+いつものスタッフにも絶対の信頼をおいているので「参加者3桁でも4桁でも相手になってやんよ!」です。
…嘘です、4桁はさすがに勘弁してください。

1年に一度の大舞台。
誰が喰われ、誰がのし上がるのか。それを間近で見ることが出来るのを楽しみにしています。
「(予選敗退の)運命なんて俺が全部ブチ壊してやるぜッ!!」
という熱意ある戦いを是非。それでは呉羽でお待ちいたしております。
あ、僕は名匠戦の時に言いましたが「もう、ゴールしていいよね…」なので頑張れません。
【さくせん】
→(僕以外)みんながんばれ
( ゚∀゚)=◯)`Д゚)・;'

おそまつさまでした

れな η(´∀`η)
posted by DPXスタッフ at 07:11| DPXサテライトスタッフ